Liner Note

情報(ユーザー中心デザイン・ユーザビリティ)と技術(ウェブプログラミング・ウェブサービス)についてのメモ書き

要約:図書館OPACは本の存在と位置というメタデータだけではなく、利用者がテーマ理解を求めていると思われる際にはそのために必要なデータを提示してみてはどうかという話

OPAC(蔵書検索)の検索結果とパスファインダーを結びつけてみてはどうかなという記事では、「国際政治学」や「仏教」など比較的曖昧で抽象的な検索語を入力した場合には、利用者は入門書・概論書を求めているのではないかと考えて、その分野においてあらかじめ整理された関連資料リスト(=パスファインダー)を読んでもらうといいんじゃないかな、と書きました。

もうちょっと言い換えると、このような場合には相手は必ずしもそのテーマに関する本を見たいのではなくて、そのテーマをばくっと理解したい、つまりテーマの見取り図を描けるようになるというか、このテーマはこういう構図になっていて、こういう事が議論されてるんですよ(以後、これをテーマ理解と言います)ということが知りたいのではないかと考えるわけです(仮説です)。

すると先の記事の潜在的な問題意識はこんな感じでしょう。利用者は結局何か問題を解決しに来ている(この場合だとテーマの理解)のだから、大学図書館の知のナビゲータ1 であるところの蔵書検索システムが文字通り蔵書の存在と位置だけを示せば十分なのか、と。求める情報そのものを提示してもよいし、それができるシーンではそうすべきなんじゃないだろうかと。

で、あるならこの話はパスファインダーだけではなく、もうちょっとふくらみそうです。つまり、他のデータベース、Wikipediaのような百科事典では(信頼性の点から一歩引かないといけないものの)テーマそのものに対する情報が入手できますし、新書マップではテーマを理解するのに役立つ新書群が一覧でき、どういうことをおさえると良いのかわかるようになっています。テーマ理解をした後では、検索語も「洗練」されてくるかもしれません。

検索語「ユーザビリティ」に関するデータベース検索結果
学術データベース検索結果

なるほど、学術データベースサイトとの連携ってこういう時に必要なんですねー。いや、ARGの岡本さんも学術DBサイトのAPI公開を訴えていらっしゃるのですけど、その理由は論文を読む限りは、ブログアカデミズム的なものを花開かせるために、という感じなんですよね。ただ、「でもブログってすごいマイノリティしか書いてないんじゃ‥」と思っていて、APIが公開されると何がうれしいのかってとこがなんかわかったようなわからんような感じだったんですよ。

一応、その何が嬉しいのかってのをまとめてみると2点あって、

  • 利用者のテーマ理解を助けようとする際に、単にそのテーマに関する本の存在(メタデータ)だけでなく、そのテーマに関する情報(データ)を直接扱いやすくなること
  • 文献への接続点を増やして、より適切な文献をお薦めできる可能性を上げられること

というところ。

やっぱり仮説ではありますが、大学生がレポートをGoogleで検索してコピペする行動原理も、本棚行くよりウェブ見た方が早いでしょというコスト意識から生じているのかもしれません。だとすると、テーマ理解を助ける側面もOPACに持たせることで、そうした大学生の脱落を防げるのかもしれないですね。

余談。学術データベースサイトって適当に使ってますけど、一般に想像されるようなテキストやPDFを扱っているところだけではなくて、慶應SFC グローバルキャンパス東大.TVのようなオンラインでの無料授業も同じくテーマ理解につながるという観点からその中に入れて良いと思っています。

  1. 一応、これに訊いてみろ的な存在なのだからそういうことになるでしょう[戻る]
キーワード:

この記事はシリーズものの一篇です。Making OPAC 2.0シリーズのそのほかの記事もよろしければご覧ください
RSS このシリーズ記事のフィード

似たもの記事

読者の皆さんの反応サイト内コメントの更新情報(RSSフィード)

読者のコメント

3

ブックマークコメント

1

他サイトの関連記事

1

読者のコメント

  1. お名前

    河野

    投稿日時
    2008年11月29日
    1時ごろ
    Comment No
    #1

    非常に興味深いです。
    ぼくはオンライン書店に関わっている者ですが、その本を読んだ人が次に読むべき本、さらにはその分野に興味を持った人が最初に読むべき本をレコメンドできないかと考えています。

    サジェスト・エンジン | smashmedia
    http://smashmedia.jp/blog/2008/10/002092.html

    うまいことデータの共有を進めて価値のある仕組みが作れると良いなと思いました。

  2. お名前

    河野

    投稿日時
    2008年11月29日
    17時ごろ
    Comment No
    #3

    ありがとうございます。自由に使ってください!
    いずれAPIの公開も検討しています(いまはアフィリエイトASPのリンクシェアでウェブサービスっぽいのを提供しています)
    http://www.linkshare.ne.jp/affiliate/tool/webservice/

    そのうち顧客を匿名化した上でデータの共有もしたいですね。

はてなブックマークでつけられたコメント

myrmecoleonさんのプロフィール画像  myrmecoleon
テーマ理解を助ける側面もOPACに持たせる

他サイトの関連記事

  1. ウェブサイト

    smashmedia

    投稿日時
    2008年11月30日
    20時ごろ
    Comment No
    #1

    読むべき本が読みたいときに(サジェスト・エンジンその後)

    本は毎年7万点も出版されていて、オンライン書店の商品DBには100万点を超えるデ…


トラックバックとは
この記事に言及したサイトをこちらに掲載する仕組みをトラックバックと言います。ここでは、このサイトに頂いたトラックバックを一覧表示しています。
トラックバックしてくださる方へ
この記事への言及がない記事など、トラックバック受信方針に沿っていないものは、読者にお見せしても仕方ないこともあり削除させていただいることをご了承ください。
トラックバックを受け取るためのURI