Liner Note

情報(ユーザー中心デザイン・ユーザビリティ)と技術(ウェブプログラミング・ウェブサービス)についてのメモ書き

図書館についての記事一覧

大学図書館において、利用者視点を考慮するとどのようなOPACが求められるのかという事を京都大学付属図書館で話してきました。その発表内容について。
(全文を読む)

具体的だけども曖昧で何ていう言葉でこの考えていることが議論されているのかわからない(キーワードがわからない)という問題(主題検索)を、OPACでどう解決できるかを考えてみた。現段階ではレファレンスをOPACに組み込んでみるのがよいのではと思っています
(全文を読む)

図書館OPACにおける検索結果をいかに構造化&視覚化して、利用者にわかりやすい形で届けるかというのを、東大の小宮山総長の講義を見ながら考えてみた
(全文を読む)

図書館OPACは本の存在と位置というメタデータだけではなく、利用者がテーマ理解を求めていると思われる際にはそのために必要なデータを提示してみてはどうかという話
(全文を読む)

IPAの2008年度下半期未踏ユースに応募してみました、理由と企画の簡単な説明。
(全文を読む)

ウェブを使っていると出くわすあの光景、制作者がテンプレートにするあのやり方って本当にそれでいいのか、ということを考えるために2つの具体例を挙げて考えます
(全文を読む)

OPAC(図書館蔵書検索)の検索語にパスファインダーに該当するトピックのキーワードがあるのならば、そのパスファインダーの文献を示してみてはどうかという提案
(全文を読む)

あるべき大学図書館の蔵書検索システムについて、現在ある問題をどういう風に解決して、それを使うことでどういう生活を実現したいのかということを書きました
(全文を読む)

参考文献が書誌データとして流通したら、内容を把握したり、類似したテーマを扱った別の本に飛んだりと結構役に立つものになるのでは
(全文を読む)

図書館界では次世代OPACことOPAC 2.0の構想およびその設計が少し話題になっているようです。卒業研究の材料としているものとして、OPAC 2.0の要素になりうるものをざっと挙げてみようと思います
(全文を読む)

  1. 1
  2. 2